私はね、世界をね、滅ぼしたいと
赤い花に願いをかける
私はね、全てがね、疲れたんだ
この汚れた体を捧げる

空は青く、街は赤く染められていた
響き渡る悲鳴、誰しもが泣いていた
私は残った妹を養うために
鉄の臭い放つ男ども相手する

私は大切な人を失う
悲しみとか苦しみとか知るのに
憎しみとか憤りの連鎖が
生まれ続ける世界など滅びてしまえ

だから

私はね、世界をね、滅ぼしたいと
赤い花に願いをかける
私はね、全てがね、疲れたんだ
この汚れた体を捧げる
空は赤く森も赤く染められていた
響き渡る鳥の声、私泣いていた
こんなにも不公平な世界の為に
生きることなどないよと決心を固めた

赤い花は私に語りかける
お前の願いを叶えてやろうと
ただし、お前が滅ぼしたい物は
この忌まわしい人同士の争いのみ

だから

私はね、憎しみと憤りの
連鎖止めると願いをかける
私はね、自分がね、嫌いなんだ
この無力な体を捧げる
代償はお前の命そのもの
これからはあのお前の妹を
一生苦しめる事になるだろう
それでもいいあの子は強く生きてくれる

だから

私はね、世界をね、滅ぼしたいと
赤い花に願いをかけた
私はね、全てがね、疲れたんだ
この汚れた体を捧げた

私はね、世界をね、壊したんだ
薄れ行く意識の中思う
私はね、最後にね、叫んだんだ
世界と妹にごめんねと